カギの交換は小まめに実施『 防犯対策 』

犯罪にあわないために

私は、東京に住んでいます。
日本社会も不景気が続いている中、治安も悪くなっているように感じています。
我が家の近辺でも、空き巣が多発した時期がありました。
私の家でも、防犯対策について話合うことが多くなっています。
事実、我が家のカギについても何者かが触ったような ? カギを空けようとした試みのようなキズ跡があったこともあります。
対策として、①カギを交換する ②二重のカギを設置する ということを実施しています。
外出時も安心して、ゆっくりと用事を済ますことが可能になっています。
我が家に限っては・・・ という言葉は禁句です。
『 いつ、どこで、誰が 』我が家を狙っているか分かりません。
被害に遭ってから後悔しても、もう遅いですからね。
カギについてもインターネットなどで検索をすると、いろいろなタイプ種類が販売されていることが分かりました。
また、ダミーのカギを目立つところに設置しておくだけでも泥棒には効果的だということもあるようです。
カギの専門会社は、防犯対策についての情報も多数掲載しています。
カギ以外にも、『 庭石用、音の鳴る石 』『 防犯カメラ 』『 ダミーカメラ 』『 セキュリティー会社のステッカー 』など様々です。
いろいろとアイデア溢れるグッズがあるので、各自マイホームの状況によって工夫することが大切だと思います。
防犯対策グッズというと、暗いイメージがあります。
でも、デザイン・カラーも様々あって楽しくさせてくれます。
我が家では他に、番犬も飼っています。
これらの関門を潜り抜け、最終的に我が家のカギを空けるところまでに辿り着くには困難と言えます。
日本社会も、まだまだ不景気が続くと思います。
カギの交換は小まめに実施していくことをオススメしたいと思います。
年々、カギを空ける仕組みの技術も高度になっているようです。
空き巣の上をいく防犯対策が必要ということです。
我が家を守るのは、各自の心構えからが我が家のモットーとなっています。