時にはカギの交換を

犯罪にあわないために

自宅のカギを交換されたことはありますか?普通に暮らしていると、あまり機会がないかもしれません。
実際に泥棒などに入られてしまった場合や錠部分が壊れてしまった場合を除けば、ほとんど必要を感じないかもしれませんね。
でもちょっと待ってください、本当に大丈夫でしょうか? 実はカギには侵入者に開けられやすいものと開けられにくいものがあります。
防犯という観点で考えれば、開けにくいものにしておくに越したことはありませんよね。
自宅のカギがどちらのタイプなのか、一度チェックしてみるのも大切かもしれません。
特に、数年間カギを変えた覚えがない場合は要注意です。
古いタイプの鍵は新しい犯罪に対応していない可能性が高いため、開けられやすいカギのままかもしれません。
その場合は一度、最新の防犯性能を持つものに交換することをお勧めします。
例えば、ピッキングやバイパス開錠といった開け方に強いカギに変えてもらうというのはどうでしょう。
鍵屋さんに頼めば簡単に選んでもらえると思いますよ。
ただし、ピッキングに強いからと選んだものが、工具を使えば簡単に壊せるタイプだったということもあるそうです。
やはりプロに相談にのってもらうのが一番確実な方法でしょう。
ついでに交換もしてもらえば自力で取り換える必要もなく、楽ちんです。
特に東京などの大都市では、こういった対策は大切だと思います。
ご近所の目が行き届くのどかな地域よりも、都市化した地域の方が空き巣などの被害は多そうです。
密集した家々やマンションの中では見知らぬ人が歩いていても不審に思わず、人の目だけではなかなか被害を防げないことも多いと聞いています。
自己防衛がなによりの方法ですね。
少し調べてみると、東京には本当に数えきれないほどの鍵店や防犯用品ショップがあります。
それだけ需要もあるということでしょう。
もし近所にそんなお店があったら、もしくはネット中にそんな広告を見かけたら、少し話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。