カギ交換はプロの業者に依頼した方がトラブル解決の早道です

プロの業者

カギのトラブルは結構あるものです。
たとえばカギをなくしてしまったので、カギを開けてほしいなどです。
なくしたカギは誰かに拾われているかもしれませんので、防犯のためにも新しいカギに交換したいということもあるでしょう。
そんなときには、プロの業者に頼むのが一番です。
たとえば、24時間対応しているカギ専門業者なら、たとえ夜中、家に入ろうと思ってカバンの中を見てみると、カギをなくしてしまったという時でも、サッと駆けつけてきてくれます。
他にも、カギの紛失以外のトラブル以外にも、カギについては、防犯性の高いものにする必要があります。
東京都心に住んでいたら、防犯性の高いカギに交換することも必要です。
住宅地でも昼間から空き巣などに狙われていることもあるので、ピッキングされにくいカギに交換することが、防犯対策にもつながります。
不法侵入などのピッキング犯罪については、カギをピッキングしたり、壊して入るのに、15秒以上かかると、犯罪者はあきらめる傾向があります。
ですので、玄関のカギを不法侵入者が開けにくい状態を作りだすことが必要なのです。
その対処方法ですが、まずピッキングされにくいカギに交換することです。
不法侵入者がピッキングしやすいカギの形状は、シリンダー錠です。
逆に不法侵入者がピッキングしにくいカギの形状はディンプルキーというカギです。
ディンプルキーの特徴は、ドリルでの破壊に強いことで、全国防犯協会連合会が認定、推奨しているカギのことです。
鍵山がなく、表面に多数のくぼみがついています。
配列の組み合わせが多いので、複製することが困難なカギなのです。
ピッキングされにくいカギなので交換するならば、ディンプルキーがおすすめでしょう。
そして、可能ならば補助錠を取りつけましょう。
補助錠を取りつけてあるだけで、不法侵入者は、時間がかかりそうだと思ってあきらめてしまうからです。
家の中にある大切な財産を守るためにも、カギ対策は万全にしておくのがよいでしょう。