鍵を失くした時のこと。

私は地方から上京して、東京で一人暮らしをしてもう17年になります。
会社帰りに酔っぱらって帰ると、カバンの中にあるはずのカギが見つからないことがたまにあります。
大体、よくよく探すとカバンの奥底にあって困ることはないのです。
しかし、1度だけキーケースごとどかで落としてしまったらしく、駅からマンションの部屋の前までの道のりをもどり、通ってきた道をいろいろと探し回ったのですが見つからないことがありました。
仕方なく、近くの交番に紛失届が無いか聞いてみましたが、届け出もなく困っていたところ、おまわりさんから鍵交換の業者の電話番号を教えてもらいました。
しかし、鍵の交換には出張料金や作業料を合わせると、結構な金額になりそうなのでどうしようか迷いました。
とりあえず、近くで一人暮らしをしていて泊めてくれそうな友達にお願いしようかと思いましたが、平日でしたので会社に翌日も同じ服で出勤することも凄く嫌だな…と思い、業者さんに来てもらうかとても迷いました。
やはり、友達にも申し訳ないし…と思い、結局、業者さんにお願いすることにしました。
オートロックのマンションでしたし、鍵穴が横の状態から縦の状態にして開錠するのか、縦の状態から横の状態にして開錠できるかで、すぐに開けられるかどうか違ってくると言われましたが、どうしても思い出せず、とりあえず来て確認してもらうことになりました。
料金がいくらかかるか分からないので、コンビニのATMで数万円おろし、自宅マンション前で待つこと20分くらいで、業者の方が到着しました。
開錠作業をしていただいたところ、すぐに開錠できる鍵穴でしたので短時間で部屋の中に入ることができて、本当に安心したのを今でも鮮明に覚えています。
不動産管理会社へ翌日連絡をし、防犯のために鍵のシリンダーごと交換をするという話になり、後日交換しました。
鍵の交換業者さんには今後お世話にならないように気を付ければなりませんが、いざという時に本当に助かります。